サステナビリティ 人財への取り組み

ダイバーシティ&インクルージョン Diversity & Inclusion

関連する17ゴール

  • 3.すべての人に健康と福祉を
  • 4.質の高い教育をみんなに
  • 5.ジェンダー平等を実現しよう
  • 8.働きがいも経済成長も
  • 10.人や国の不平等をなくそう

ダイバーシティ&インクルージョン Diversity & Inclusion

当社は人権方針のとおり、一人一人の価値観や働き方の多様性を尊重し、事業運営にも多様な人材の参画や協働を通じてイノベーションを起こし、持続的な 価値を生み出していくためにダイバーシティ&インクルージョンに取り組んでいます。

女性活躍推進PJ Lumirise(ルミライズ)

当社では、「組織力の向上」を目的として女性活躍推進プロジェクト(Lumirise)に取り組んでおります。
当社における優秀な人材とは組織貢献度が高い人材であり、今後少子高齢化の社会の中で層を増していく「働く女性」が、当社でもいかに活躍できるかが企 業成長のキーとなります。
そんな未来に向けて、現状の課題を捉え、そのGAPを埋めるための取り組みを女性活躍プロジェクトを通じて推進しております。
男性も女性も両輪で走ることによって持続的に成長できる、イノベーティブな組織作りのための取り組みです。

女性活躍研修の開催

世の中の変化により働き方も大きく変わり、自らが行動することでしか情報取得が難しい環境になっています。

100年人生へ向けて、私たちが今身に着けるべきスキル、女性におけるライフスタイルの変化も鑑み、今後の自身のキャリアプランについて考えるきっかけと なるような研修を開催しています。

女性向け健康セミナーの開催

女性特有の身体の変化について、自身の身体と向き合い知識を深めていただくことを目的としたセミナーを開催しています。
婦人科健診の重要性、運動、食生活などに関わる情報満載のセミナーです。

妊活サポートプログラム「waffle」

  • 医師による不妊治療の受診・治療に対する費用支援
  • 女性社員は、不妊治療のために通院する際、月に1回エフ休暇の利用可(有給)
  • 産婦人科医の無料相談窓口の設置

など、妊活の支援制度を設けています。

子育て支援に関する行動計画の策定

当社では次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画を策定し、目標達成に向け、各種施策を展開しています。2018年12月には、くるみん認定を取得しました。

くるみん認定とは次世代育成支援対策推進法に基づき、女性労働者の育児休業等取得率が75%以上などの基準を満たすことによって、「子育てサポート企業」として厚生労働大臣から受ける認定です。

次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画

目的

社員が仕事と子育てを両立させることができるようにし、結果としてすべての社員がその能力を十分に発揮できるよう、また、会社として次世代育成支援に取り組むため、次のように行動計画を策定する。

計画期間

2022年4月1日~2024年3月31日までの2年間

目標
  1. 1.育児休業等を取得し又は、育児を行う女性労働者が就業を継続し、活躍できるようキャリア形成の支援のための取組みを行う
  2. 2.不妊治療と仕事を両立しやすい職場環境の整備および支援のための取組みを実施する
  3. 3.計画期間内に、若年者に対するインターンシップを継続的に実施する
対策
  1. 1.出産や育児を経験して働き続けるキャリアイメージの形成を支援するための情報発信の機会をつくるダイバーシティマネジメント意識醸成に向けた情報提供
  2. 2.妊活サポート制度の導入、社内ポータル等における周知
  3. 3.新卒採用活動内において仕事体験インターンシップを開催する

シニア人材活躍推進

日本の人口構成において、高齢化の傾向は今後も続くことが予測されています。
多様な人材の活躍を推進する当社においても、定年を迎えた社員への再雇用制度を設け、定年後も活き活きと活躍してもらうために、ライフプランや健康に 関するセミナーなどを開催しシニア人材が活躍できる環境作りに取り組んでおります。

障がい者活躍推進

ウイングアーク1stの障がい者雇用について

  • 働く人が働き甲斐をもって、社会と繋がり継続的に働ける職場をつくる
  • 会社全体が取組みに共感し誇れる職場をつくる
  • ウイングアーク1stのサステナビリティ戦略と合致し企業価値の向上に寄与する

当社では、多様な付加価値を創出する新たなモデルを目指した取り組みを行っています。

障がい者雇用の取り組み

当社では、様々な特性を持った方々に多様な役割と場を創出するため、 沖縄に拠点を置き、『農福連携(農業×福祉)』で地域に根差した活動をしております。

沖縄特有の温暖な気候を活かすことで、少ないリードタイムで収益化・販売の多角化を図ることができ、栽培においても野菜・南国フルーツ・バニラなど選択肢も広がり、障がい者へのフレキシブルな業務創出が可能となります。また、沖縄が抱える社会事情(雇用問題、貧困、子ども事情等)など、地域の様々な課題に向き合い、この取り組みを通じて共に解決していきたいと考えています。